年を経るごとに後悔と一日が過ぎていく恐怖を感じた

祝福しろ

よりかかってあまえたり、しかってくれる人がいないんだもの。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top